住宅ローンの選び方


グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編

住宅を購入するときに、現金で一括払いをする人は、そうそういないでしょう。
そうなると、どうしても必要なのが、住宅ローン。
上手に住宅ローンを選ぶために、住宅ローンの特徴を理解しておいた方が良いでしょう。


住宅ローンを選ぶとき、初期の返済額が抑えられ、金利が低い、短期で固定期間選択型のローンなどに目が行きがちです。
でも、これらのローンは、将来的に金利が上がった場合、返済額も同時に上昇してしまうので、案外リスクが高いです。

このようなリスクにも配慮するためにも、賢く住宅ローンを選ぶためには、住宅ローンの特徴を知っておく必要があります。

住宅ローンには、
・フラット35
・銀行ローン
・公的融資
と、大きく分けて三種のタイプがあます。

また、金利のタイプも
・固定型
・変動型
・固定期間選択型
などと様々あります。
取り扱うところまで違ったりと個々に特徴があります。
まずはそれらをしっかりと把握してください。

そして、把握できた後は、住宅ローンの選択。
ここで注意したいのが、金利についてです。
財形住宅融資のように、申し込み時の金利を適用する物と違い、フラット35などを含め、ほとんどの住宅ローンは、申し込み時点の金利ではなく、物件引き渡し時の金利が適用されるので、よく確認してください。

そして、まとめて借りるのか組み合わせるのか決めます。
もし、組み合わせて借りたい場合、そのローンが他と組み合わせ可能であるか、の確認が必要です。
また、その組み合わせによっては、借入時の費用が高くなってしまうこともあります。
その点も注意しておく必要があります。

最近では、ネットなどでも、住宅ローンについて初心者にもわかりやすく説明している所がたくさんあります。
それらを活用したりして、申し込むまでにいろいろと調べておくと安心です。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。