住宅購入 不動産会社の選び方


グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編

マイホームの購入を考えたとき、少しでも条件の良い物件と巡り合いたいですよね?
条件の良い物件に出会うには、やはり良いセールスマンの存在は外せません。
では、どのようにして良いセールスマンを見分けるのでしょうか?


住宅を購入する時、少しでも条件の良い物件に出会うためには、信頼のおける営業マンに出会う必要があります。
信頼のおける営業マンとは、多くの場合、良心的な不動産会社にいます。
では、そんな良心的な不動産会社を見つけるには、どうすればいいのでしょう?

信頼できる会社を見つける方法はいくつかあります。
その中で、簡単なものでいうと広告のチェック。
広告には、色々と規制があります。
それらに違反するような広告をだしている不動産会社には、注意する必要があります。

電柱に広告を張り付けたりと違法行為をしてまで営業している所などもその一つです。
また、誇大な表現や、必要以上に申し込みを急かす表現が多く使用された広告も、避けた方が無難です。
その他には、少し手間はかかりますが、各地域の建築指導課宅建業係に足を運び、業者名簿を確認し、宅建免許を正式に取得しているの業者なのかや、行政処分を受けた事があるのかどうか、を調べるという方法もあります。

これに記載されているかどうかを見ると、無免許業者は容易に判別できます。
また、行政処分の履歴を見れば、営業の体制が良くない所が解ります。
ですから、それらを避ける事が出来ます。

また、大手かどうかだけで判断するのも、よくありません。

このような事を踏まえ、ある程度消去法で不動産業者を絞り込んだ後は、実際に訪れ、担当した営業マンやスタッフなどが、きちんとした対応をしてくれるかどうかを、自分自身で確認してください。

最終的な判断は、当人にしかできません。
良い不動産業者を選べるかどうかは、見極める力と冷静な判断力の有無が要になってくるといえます。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。