住宅購入 住宅の品質確保の促進等に関する法律「品確法」とは


グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編

住宅の購入価格は、非常に高価なものになります。
その割りに、保証期間が短かったりします。
だから、住宅に関するトラブルや苦情が増え続けています。
そのような問題を打開するために作られたのが、品確法と言われています。


最近、住宅購入でのトラブルや苦情が急増しています。
それは、何故なのでしょうか?

これは、
・住宅購入が高価な買い物であるにも関わらず、欠陥などに対する保証期間が、5年〜最長でも10年と短いこと、また契約時に保証期間を短縮可能なこと
・住宅の品質表現方法がバラバラで、定義も曖昧になっています。
だから、一般人には判断が容易でないこと。
・もしも欠陥や瑕疵を発見しても、その対処法を知らなかったり、そこで裁判などを起こし、争えば時間も費用もかかるため、精神的にも金銭的にも負担がかかること。
などと言った原因が考えられます。

そして、このような問題の打開のために設けられた法律が、住宅の品質確保の促進等に関する法律である「品確法」といわれるものです。

これは、国民生活の安定向上、国民経済の健全な発達に寄与することを目的とされていて、
・欠陥や瑕疵の保証が最低10年〜に増える
・瑕疵や欠陥などを含め色々なことが原因で問題が起きた場合も裁判は必要なく、短期間・少ない費用で解決
と、買う側にとっては、とてもうれしい法律です。

また、これによって住宅性能が共通の取り決めによって表現されるようになります。
そのため、購入者にも簡単に性能が判断できるようになります。
だから、品質への意識が高まり、欠陥住宅などを選ぶ可能性が低くなると考えられます。

今のところこの「品確法」は、新築住宅のみしか適用対象ではありません。
でも、対象者にとっては、とても魅力的な法律だといえるでしょう。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。