住宅購入時の注意点


グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編

初めて住宅を購入するときには、色々と不安になると思います。
契約から、引渡しまでの流れは、知識があまりなくても大丈夫だと思います。
ここでは、住宅購入に関する注意点をまとめてみました。


住宅購入をする場合の注意点には、以下のようなものがあります。
・資金計画を立てて、無理なく生涯払っていけるのかをシュミレーションしてみて、予算を決める。
・信頼できる不動産会社を見つける。
・一つの物件で決めてしまわないで、複数の物件を必ず見る。
・譲れない条件の優先順位をつけておく。
・立地条件や道路条件について確認する。
・設計図書は必ず確認する。
(階高や戸境壁の厚さ、コンクリートスラブの厚さや床の工法は一定基準以上かどうか)
・モデルルームやモデルハウスのインテリアにごまかされない。
・戸建ての場合は、再建築の可否・道路の幅・交通量などを確認する。
・図面は必ず自分の目で確認する。またそれが提示できる会社を選ぶ。
・見えない収納場所や水回りなども確認する。
・中古住宅購入の場合は、劣化状態も確認する。
・購入後の保証、定期検査やアフターサービスを確認する。
・申し込み金が妥当かどうか検討する。
(高すぎる場合は要注意)
・1週間以上の申し込み契約期間を設ける。
(短すぎる場合は要注意)
・売買契約を行う前日までには、重要事項の説明をしてもらう。
・安易に仮契約をしない。
・金利やタイプなど、自分にあった住宅ローンを選ぶ。
などです。

契約→購入→引き渡しに関しては、知識がなくても出来ます。
それに、それこそ売り手側は、親切に教えてくれます。
大事なことは、教えてくれない部分、もしくは専門的で難しい部分です。

後で後悔しないためにも、購入前にはしっかり勉強しておきましょう。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。