住宅購入での失敗


グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編

マイホームを購入するとき、誰もが、高い買い物なので、満足のいく物件を購入したいと思うはずです。
でも、時折、不運にも、住宅の購入に失敗をしてしまう人もいます。
なぜ、住宅の購入に失敗をしてしまうのでしょうか?


住宅購入は、高い買い物です。
ですから、住宅を購入する場合、満足のいく物件を購入したいと願うのは、誰でも同じですよね。
ですが、不運にも、住宅購入に失敗してしまうことが、時折あります。
では、どういった場合に失敗してしまうのでしょうか?
先例に学んで、泣きをみないようにしたいものです。

よくテレビなどでは、欠陥住宅が報道されています。
・床が傾いてきた
・引き戸が勝手に閉まる
・窓が閉まらない
・換気の対策が出来ていなくて、新築の家がカビだらけになってしまった
とか・・・。
挙げれば、キリがないです。
そんな思いをしないためにも、勉強をしておきましょう。

気になる物件があれば、その建築業者を名簿で調べみることが大切です。
名簿は都庁・県庁などの、建築・土木担当部署で見ることができます。
まず、その建築業者が行政処分を受けていないかどうか、を確認するのです。

また、物件自体に不満はなくても、立地条件で失敗したというケースもあります。
・駅やスーパーまでの距離
・踏切などの有無
・子供が居る場合は、教育機関までの距離
なども、よく調べておきましょう。
その地域の人々に、その土地や物件について聞いてみるのも、1つのコツのようです。
もしかしたら、住宅を購入しようとしている地域は、必要以上に近所付き合いの煩わしさがあるかもしれません。

そして、住宅を買う上で多くの人が利用すると思われるのが、住宅ローンです。
後からこの住宅ローンで、四苦八苦するケースも少なくないようです。
頭金や毎月の手取り額を目安に、無理のない返済プランを立てましょう。
できればボーナスはあてにせずに、月収の3割未満で60歳までに払い終わるように組めるのが理想だと思います。



タグ:失敗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。