住宅購入 シックハウス対策


グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編

新しい住宅購入をきっかけにして、建材などの化学物質が原因で起こる、頭痛・目眩・咳・呼吸困難といった症状を、シックハウス症候群と言います。
そんな経験はありませんか?
最近、シックハウス症候群に悩む人が増えて、社会問題にもなっています。


新しい建物に入った時に、頭が痛くなったり、咳き込んだり、目眩がしたりしたことはありませんか?
もし、心当たりがあったら、それは、シックハウス症候群かもしれません。
新しい住宅購入(間借りやリフォームなども同様)を契機に、建材などの化学物質が原因で起こる頭痛・目眩・咳・呼吸困難といった症状を、シックハウス症候群と言います。
シックハウス症候群は、近年増加傾向にあり、社会問題にもなっています。

シックハウスとは、化学物質による室内空気汚染のことです。
シックハウス対策とは、建築基準法によるそれらの規制を意味します(2003年に施行)。
改正建築基準法では、シックハウス症候群の原因となるクロルピリホスやホルムアルデヒドなどの化学物質に関して、換気基準や使用規制が設けられています。

ホルムアルデヒドは、発散建材の使用面積が制限され、換気設備の設置が義務付けられました。
クロルピリホスに関しては、住宅への使用が禁止になっています。
これにより、ようやく安心して住宅購入やリフォームができるようになってきました。

しかし、住宅購入者もできるだけシックハウスの原因になる建材などを調べておけば、住宅購入の時に検討できると、さらに安心できます。
ホルムアルデヒドの発散量の少ない建材を調べ、なるべくそれらの建材を使用している物件を選ぶようにするといいと思います。

換気や通気が十分に出来る設計になっているか、も調べておいた方がいいかもしれません。
また、実際にホルムアルデヒド濃度を測定できる機械をレンタルして測定してみるのもいいでしょう。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。