住宅購入後のメンテナンス


グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編

家賃を支払い続けるのと、住宅ローンを払うのと、どっちがお得なのでしょうか?
家賃だけで考えた場合は、住宅ローンを払っていく方がお得な気がします。
でも、実際に住宅を購入した場合には、ローンだけを払えばいいという訳ではありません。
自分の持ち家となると、すべてのメンテナンス費用は、自己負担になってしまいます。


家賃を払うのと、住宅ローンを払うのと、どっちが得か?
と聞かれると、住宅ローンを払っていく方が得、という答えが多いと思います。
確かに、家賃だけを考えればそうです。
しかし、住宅を購入した場合は、ローンだけを払えばいいという訳ではありません。

通常、賃貸ならメンテナンス費用は、家主(貸し主)負担です。
しかし、自分の持ち家となると、すべてのメンテナンス費用は、自己負担になってしまいます。
はじめのうちは良くても、年数経過に伴い、その費用は大きくなっていくでしょう。

まず、よくあるメンテナンスに、外壁の塗り替えがあります。
大体10年に1度くらいですが、費用は、最低でも100万円はかかるようです。
屋根の修繕費に関してはも、やはり10年に1度くらい、最低でも50万円くらいかかります。

定期的にチェックが必要なのは、コンクリートの基礎部分のひび割れや、土台のシロアリ被害などです。
その他にも、住宅の劣化原因は、気候や環境によっても様々です。
時々は業者に頼んで、チェックしてもらうようにしましょう。

こういった費用をなるべく抑えたいなら、耐久性の高い造りや素材にも拘るべきです。
しかし、それでも、少なからずこういったメンテナンスは必要です。
また、水回りの詰まりや故障にも、費用が発生します。

マンションに関しては、共有部分は、毎月支払う修繕積立金が充てられるはずです。
しかし、内装に関しては、自分でする必要があります。
ですから、もし不具合が生じた場合には、自己負担でメンテナンスする必要があるでしょう(不具合の原因によっては、建設業者が負担することもあるかもしれませんが)。

住宅を持つということは、思わぬ費用がかかる場合が多々あるのです。




住宅購入 省エコロジー住宅


グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編

省エネルギー住宅とか、エコロジー住宅と言う言葉を、聞いたことはありますか?
どちらの住宅も、少ないエネルギーで、経済的に快適に過ごす、という住宅を意味します。
会社によって、色々な趣向や技術が凝らされています。
今、エコという考え方がとても強まっています。
そのため、多少建設に費用がかかったとしても、エコ住宅を選ぶ人が増えているのでしょう。


最近は、省エネルギー住宅とかエコロジー住宅といった名称の住宅の、CMをよく目にします。
どちらも読んで字のごとく、少ないエネルギーで、経済的に快適に過ごすという住宅を意味します。
そして、これを売りにした住宅を、エコ住宅と呼んでいるようです。

会社によって様々な趣向や技術が凝らされています。
その技術はとても素晴らしく、住んでいる人が、無理や我慢をしなくても、エコロジーな暮らしをすることができます。
今は、エコに対する意識がとても強まっていますから、多少建設に費用がかかっても、エコ住宅を選ぶ人が増えているのでしょう。

ちなみに、エコ住宅の中でも、私が特に気になるのは、パナソニックのエコディアハウスです。
本当に、色々な仕組みが考えられています。

まず、ハイブリット方式による省エネ換気システム。
人の居場所と動きに合わせて作動するセンサー型エアコン(人がいないときは自然にOFF)。
自然光と照明の灯りをコントロールした照明設計。
CO2削減に効果的な、消費電力の少ないLED照明。

キレイが長持ちし、掃除が楽で、水の節約にも効果的な、有機ガラス系素材技術(主婦には嬉しいですね)。
断熱性に優れた真空断熱材。
空気の熱からエネルギーを作るヒートポンプ技術の他、太陽光発電や燃料電池でエネルギーを作り出すこともできます。
環境にも優しく、自然を利用してエネルギーが作り出せる素晴らしい住宅だと思います。

今、CO2削減が求められています。
ですが、特に節約しなくても、CO2削減が可能になる住宅です。
初期投資費用は、普通の住宅よりもかかります。
しかし、その分快適で、月々の電気代やガス代などは抑えられるでしょう。
せっかく家を新築するのなら、こんな住宅に住みたいものです。


住宅購入 シックハウス対策


グレーゾーンに挑戦住宅ローン攻略マニュアル最新版 一般編

新しい住宅購入をきっかけにして、建材などの化学物質が原因で起こる、頭痛・目眩・咳・呼吸困難といった症状を、シックハウス症候群と言います。
そんな経験はありませんか?
最近、シックハウス症候群に悩む人が増えて、社会問題にもなっています。


新しい建物に入った時に、頭が痛くなったり、咳き込んだり、目眩がしたりしたことはありませんか?
もし、心当たりがあったら、それは、シックハウス症候群かもしれません。
新しい住宅購入(間借りやリフォームなども同様)を契機に、建材などの化学物質が原因で起こる頭痛・目眩・咳・呼吸困難といった症状を、シックハウス症候群と言います。
シックハウス症候群は、近年増加傾向にあり、社会問題にもなっています。

シックハウスとは、化学物質による室内空気汚染のことです。
シックハウス対策とは、建築基準法によるそれらの規制を意味します(2003年に施行)。
改正建築基準法では、シックハウス症候群の原因となるクロルピリホスやホルムアルデヒドなどの化学物質に関して、換気基準や使用規制が設けられています。

ホルムアルデヒドは、発散建材の使用面積が制限され、換気設備の設置が義務付けられました。
クロルピリホスに関しては、住宅への使用が禁止になっています。
これにより、ようやく安心して住宅購入やリフォームができるようになってきました。

しかし、住宅購入者もできるだけシックハウスの原因になる建材などを調べておけば、住宅購入の時に検討できると、さらに安心できます。
ホルムアルデヒドの発散量の少ない建材を調べ、なるべくそれらの建材を使用している物件を選ぶようにするといいと思います。

換気や通気が十分に出来る設計になっているか、も調べておいた方がいいかもしれません。
また、実際にホルムアルデヒド濃度を測定できる機械をレンタルして測定してみるのもいいでしょう。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。